車を買う際のマイカーローンはしっかりと自分で選ぶように

車を買う際のマイカーローンはしっかりと自分で選ぶように

マイカーローンで損をしている人が多い

車を購入する時に、マイカーローンを勧められた経験がある人は多いのではないでしょうか。ローンなら一括で現金を用意しなくても新車が購入できます。毎月の支払額も販売店で全て見積もりを出してくれるのでわかりやすく、そのまま契約する人も多いです。

 

 

しかし、マイカーローンを勧められるままに契約をすると、損をする可能性があります。マイカーローンは本来、金利の低い所を自分で探せます。その機会を自ら失ってしまった結果、金利の高いマイカーローンを組んで損をしている人が多いです。

 

ディーラーローンの特徴

販売店でディーラーから勧められるローンをディーラーローンといいます。とはいえ、ディーラーは直接顧客に貸付けを行っているわけではありません。提携している信販会社のローンを斡旋しているだけで、実際に貸付けを行っているのはクレジット会社です。信販系のマイカーローンは、審査が厳しくない代わりに金利が高めに設定されています。

 

販売店がローンを斡旋するのは、現金一括購入ができない顧客にも販売するというのもありますが、理由はそれだけではありません。販売店はローンを斡旋する代わりに、キックバックを得られます。ディーラーローンのキックバックは販売店の貴重な収入源となりますが、その分の負担も金利に含まれています。だからディーラーローンの金利は高いといわれているのです。

 

ディーラーローンのメリットとデメリット

ディーラーローンのデメリットは金利が高い点にあります。ただし、ディーラーローンにはデメリットだけではなく、メリットも一応あります。

 

ディーラーローンは申込みと審査が楽なマイカーローンです。申込み手続きは販売店でそのまま行えます。一緒にローンの申込みをできるので、手続きが簡単です。また、ディーラーローンは審査に通りやすいと言われています。同じ種類のローンであれば、金利が高い程審査も緩くなります。金利の高いディーラーローンは、それだけ審査も通りやすいといえます。

 

そして、ディーラーローンは審査時間が短いのもその特徴の1つです。

 

ただし、ディーラーローンのデメリットは、金利が高い点だけではありません。審査に通りやすいと言われているディーラーローンですが、その理由は金利だけではありません。ディーラーローンで車を購入した場合、購入した車の所有権は自分にありません。

 

ローンを完済するまでは、所有権は自分にはないので、勝手に車を売却したり、改造したりはできません。ローンとはいえお金を払って購入した車なのに、所有権が自分にないのを嫌がる人もいます。

 

車の価値がどうしても低くなってしまう中古車の場合には、ローンの条件が悪くなるのもディーラーローンの一つの特徴です。新車購入時とは異なる金利でのローン契約となる場合があるので、低い金利での中古車のマイカーローンを利用したい場合には、しっかりと利用先を選ぶようにしなければなりません。

 

銀行のマイカーローンのメリット

もしも金利の高いマイカーローンが嫌ならば、ディーラーローンではなく銀行のマイカーローンという選択肢もあります。車を購入する証明が取れれば、銀行でもマイカーローンが契約できるのです。

 

この場合、ディーラーローンと違い、自分でマイカーローンの手続きを行います。一見面倒に見えるかもしれませんが、現在はネットから仮申込みできる所や、本契約まで来店不要でできる所もあります。

 

自分で、銀行のマイカーローンの申込みをするメリットは、何といっても金利です。金利の低い銀行のマイカーローンなら、ディーラーローンと比べて何十万円も得をする可能性もあります。利息は金利が低い程少なくなりますが、借入金額の大きいマイカーローンの場合、金利による支払総額の差額も大きくなります。扱う金額の大きい住宅ローンやマイカーローンにおいては、金利はとても重要です。

 

また、銀行系のマイカーローンは審査が厳しいと言われていますが、車は担保に入りません。購入する車の所有権は自分にあるので、自由に改造や売却ができます。

 

その他にも銀行系のマイカーローンは資金使途が広いメリットもあり、車の購入だけでなくマイカーローンを借り換える場合においても借り入れが可能となる場合が多いです。低金利でのマイカーローンに借り換えられれば返済負担が軽くなるので、高い金利でマイカーローンを組んでしまっている方は借り換えを考えてみると良いでしょう。

サイトマップ